メニュー

VIO脱毛

VIOイメージ

VIO脱毛にまつわるページです。
デリケートゾーンの脱毛って、自己処理するにもどうすればいいか分からず、お肌へのダメージも気になって、不安ですよね。トラブルや施術についても知りたいけど、恥ずかしくてなかなか聞けない…という人も多いのではないでしょうか?
ここではVIO脱毛の種類からトラブルの原因・解消法まで幅広くご紹介!デリケートゾーンに効果的なグッズなど知ってトクする情報や、脱毛前の自己処理のコツも掲載しています。
VIO脱毛で、快適キレイな日々を送りましょう。

 

VIOってどこのこと?

VIOイメージ

VIOがどこを指しているのか、ぼんやり知っている…という方は多いのではないでしょうか。
ですが実際は、微妙に場所を間違ってとらえている女性もいらっしゃいます。
そこではじめに、VIOとは具体的にどのパーツを表しているのかについて見ていきましょう。

 

Vライン

Vラインとはビキニラインのこと。
デリケートゾーンの両サイド~両足の付け根あたりを表しています。
※脱毛ラボでは、太ももを揃えたとき正面から見える範囲をVラインとしています。

 

その言葉通り、ビキニのボトムやショーツを身に着けたときに毛が目立ちやすいパーツです。
毛質がしっかりしているため、チクチクしたり肌荒れなどのトラブルが起きやすいのもVラインの特徴といえます。

 

⇒Vラインにブツブツのできもの...原因と対処法を徹底解説!

 

Iライン

Iラインとは、Vラインよりさらに奥、陰部の両サイドあたりの部位を表しています。
※脱毛ラボでは、正面から見えない範囲をIラインとしています。

Vラインほどではありませんが、やはり水着や小さめの下着を着けたときなどに毛が目立ちやすいパーツです。
Iラインの毛を自分で処理するのは非常に難しく、場合によっては危険を伴うことも。
また、自己処理では肌が黒ずんでしまったり、肌荒れを起こしてしまうこともあるので特に注意が必要です。

 

⇒デリケートゾーンの気になる「黒ずみ」!原因と改善方法まとめ

 

⇒治らない?デリケートゾーンのかゆみの原因は?

 

Oライン

Oラインとは、ヒップ奥にある肛門周辺の部位を表しています。

 

Iラインのさらに奥にあるOラインも、自己処理が非常に難しいパーツです。
Oラインは、排泄物や生理時の経血などで肌トラブルを起こしやすい部位なので、見た目的な問題だけでなく衛生面から考えても、脱毛するのがおすすめ。

⇒デリケートゾーンの「におい」が気になる!原因と対策

 

⇒I・Oライン脱毛の範囲は?どんなメリットがある?

 

「ハイジニーナ」とは?

ハイジニーナとは、衛生、衛生的という意味を持つ英単語『hygiene(ハイジーン)』から生まれた言葉で、Vライン・Iライン・Oライン全てのパーツを無毛状態にするケアのことをいいます。

 

⇒VIO(ハイジニーナ)脱毛とは

 

VIO(Vライン)のデザイン

Vラインは、自分の好きなデザインに脱毛することも可能です。
サロンによってデザインのバリエーションは多少異なりますが、こちらでは、VIO脱毛で人気のあるデザインをいくつかご紹介しましょう。

 

ナチュラル

ナチュラルは、その名の通り毛量を減らして自然に形を整えるデザインです。

 

トライアングル

トライアングルは逆三角形に形と毛量を整えるデザイン。自然に見えることから、人気が高いデザインのひとつです。

 

オーバル

”卵型”とも呼ばれているオーバルは、デリケートゾーンを囲んで縦長の楕円形になるように脱毛するデザインで、ナチュラルで可愛らしいイメージに仕上がります。

 

スクエア

スクエアは、トライアングルよりもさらに両サイドの毛の幅を狭くしたデザイン。どことなくアクティブでスポーティな印象に仕上がります。

 

ハイジニーナ

ハイジニーナは、Vライン・Iライン・Oラインの全てを脱毛して無毛にするデザイン。海外では以前から人気のあるデザインでしたが、最近では日本でもハイジニーナにする女性が増えてきています。

 

⇒どう残したい?Vラインの形、定番からおすすめまで

 

⇒実はみんな気にしてる「Vラインの長さ」、人気とおすすめは?

 

VIO脱毛のメリット

日本でも近年人気急上昇中のVIO脱毛。では、VIO脱毛には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

デリケートゾーンを衛生的に保てる

デリケートゾーンを衛生的に保てるのも、VIO脱毛の大きなメリット!
この部位には太くてしっかりした毛が密集して生えているので、ショーツの中のムレやニオイで悩んでいるという女性もかなり多いんです。
VIO脱毛すると、ショーツ着用時の通気性がアップし、デリケートゾーンでの雑菌の繁殖を抑えられるので、生理時も快適に過ごせるように!

 

⇒VIO脱毛は衛生的?デリケートゾーンの匂いや肌荒れも解決できる?

 

可愛い下着や水着が思う存分楽しめる!

可愛いデザインの下着や、少し露出度の高い大胆なデザインの水着を着こなすためには、入念なムダ毛ケアが必須。けれども、自己処理でムダ毛ケアをしている場合、「もしかしたら、水着や下着から毛がはみ出ているんじゃないか…?」といった不安に襲われがちですよね。
プロによるVIO脱毛の施術を受けると、そのような不安が解消されて、お気に入りの水着や下着を思う存分楽しめますよ。

 

自分に自信が持てる

普段人目につく場所ではないけれど、実は悩みを抱えている女性が多いVIOパーツ。
VIOの毛は、もともと太くてしっかりしていることや、度重なる自己処理によるデリケートゾーンの黒ずみ、肌トラブルに悩んでいる女性も多いのです。
VIO脱毛するとこのような悩みから解放されて、自分に自信を持てるようになります。
もちろん、デリケートゾーンのムレやニオイの悩みともオサラバできるので、よりストレスフリーな毎日を過ごせるようになるはずです!

 

⇒こんなにある!VIO脱毛のメリット

 

VIO脱毛に必要な施術回数や費用相場は?

VIOの毛量や毛の太さ、範囲などにより個人差はありますが、VIO脱毛に必要な施術回数は12~18回以上が目安となります。12回で満足な効果が得られる方がいる一方、18回でもまだ足りないと感じる方もいるので、あくまで一般的な目安と捉えましょう。

 

費用相場は、12回で10万円前後となっています。中には、より多くの回数がかかることを見込んで最初から無制限コースを選ぶ方もめずらしくありません。VIO脱毛の無制限コースは10万円以上が相場です。

 

⇒VIOの脱毛は安い?平均相場や年間費用

VIO脱毛の流れ

全身脱毛イメージ

「VIOの脱毛って、どうやって行われるの?」「変な体勢にならなくちゃいけないのでは?」「なんだか恥ずかしい…」など、VIO脱毛に対して不安を持っている女性も多いのではないでしょうか?
サロンでのVIO脱毛の際は、一般的にガウンと紙のショーツを着用して行われ、Oライン⇒Vライン⇒Iラインの順番で施術していきます。

 

⇒脱毛サロンのVIO脱毛は恥ずかしい?

 

では、脱毛ラボで実際に行われているVIO脱毛の流れを部位別に見ていきましょう。

 

事前の自己処理について

VIO脱毛を受ける際は、予約日の1~2日前までにアンダーヘアの自己処理を済ませる必要があります。電気シェーバーを利用して処理をしましょう。

 

カミソリ・除毛クリーム・ブラジリアンワックス・毛抜きは肌を傷つけてしまう恐れがあるため、脱毛中の自己処理には適していません。今までそれらの方法で処理をしていた方も、VIO脱毛を始めるのをきっかけに使用を控えたほうがよいでしょう。

 

Vライン

Vラインの施術は、仰向けになって足をそろえた状態で行います。あらかじめ決めてあったVラインのデザインに沿って脱毛器をあて、手早く脱毛していきます。Vラインは、VIOの中では一番恥ずかしさが少ないパーツです。

ただし、ハイジニーナにする場合は、ショーツを取り外し、Vライン全体に脱毛器をあてていきます。

 

Iライン

Vラインが終わったらIラインの脱毛に移ります。

 

Iラインの脱毛も仰向けになった状態で行います。
Iラインの脱毛では、ショーツの前方部分を全て取り外し、両サイドから照射していきますが、このとき膝を数字の「4」のように曲げておくと、キレイな仕上がりに。
慣れるまでは少し恥ずかしいかもしれませんが、プロのスタッフがサッと施術するのでご安心ください!

 

Oライン

 

Oラインの脱毛では、お尻の穴(肛門)周辺だけでなく、Iラインとの境目部分やヒップ全体の脱毛を行うケースがほとんど。
そのため、施術時には横向き、あるいはうつ伏せになって行われます。場合によっては膝を立てて四つ這いの体制になってもらうこともありますが、無理にお願いすることはありません。気兼ねなく仰ってくださいね。

 

Iラインの脱毛と同様に恥ずかしいと感じる女性も多いかもしれませんが、スタッフは沢山のお客さんと接している脱毛のプロです。Oラインも、サッと手早く施術いたしますので安心してくださいね。

 

ちょっと緊張してしまいそうなVIOの脱毛ですが、脱毛ラボのスタッフは、研修時に研修生同士でVIOのシェービングをしたりライトをあてたりといった研修を行っています。 スタッフ全員が”見られる恥ずかしさ”を経験しているので、脱毛時のあなたの恥ずかしい気持ちが自分のことのようによくわかるのです!
脱毛ラボは、そんな経験を持つスタッフ揃いなので、安心して施術を受けられますよ。

 

VIO脱毛のアフターケア方法

VIO脱毛後の肌は通常よりもデリケートな状態です。VIO脱毛の施術後は毎回しっかりアフターケアを行いましょう。

 

VIO脱毛後のアフターケアも、他の部位と同様に冷却と保湿をします。まずはタオルに包んだ保冷剤を照射箇所に当てて冷やしましょう。照射時の熱により赤みや炎症が起きる方は少なくありません。症状が落ち着くまでは毎日冷やすように心がけてください。

 

冷却後はしっかりと保湿しましょう。照射後の肌は非常に乾燥しており、放置するとかゆみ・乾燥・粉吹き・炎症・色素沈着などの症状が出る可能性が高まります。

 

VIOの保湿にも、ボディーローションや乳液、クリームなどいつも使っている保湿ケア商品を使用してOKです。敏感肌の方など刺激が心配な方はデリケートゾーン専用の保湿ケア商品を検討するとよいでしょう。

 

⇒脱毛後の肌、NG行為や適切なアフターケアとは?

⇒脱毛後は保湿が重要!保湿を怠るとどうなっちゃうの?

 

VIO脱毛でよくある質問

VIO脱毛で特に多く寄せられる質問は以下の3つです。VIO脱毛を検討する場合の参考にしてください。

 

生理中でも脱毛できる?

多くの脱毛サロンでは、原則として生理中のVIO脱毛はお断りしています。予約と生理が被ってしまった場合は早めにキャンセルしましょう。

 

経血が脱毛器に付着してベッドを汚したり感染症のリスクがあったりといった衛生的な理由もありますが、最も懸念されるのはお客さまの肌状態です。生理中はいつもより肌が敏感であるため、痛みが増したり肌トラブルが出やすかったりします。

 

ちなみに、VIO以外の脱毛は生理中でも受けられますが、肌状態が心配な方はスタッフに相談してみましょう。

 

VIO脱毛は痛い?

VIO脱毛は痛みを強く感じる方が多い部位です。痛みが強い理由は、肌がデリケートであることや粘膜が近いこと、毛量が多く毛が太いため光が強く反応することなどが挙げられます。

 

ただし、痛みを強く感じるのは最初の数回で、徐々に和らいでいきます。毛量が減り毛が細くなるにつれ痛みは軽減されていくので安心してください。

 

また、痛みが強い場合は照射レベルを弱く調整できます。我慢できないほどの痛みを感じたらすぐにスタッフに伝えるようにしてください。

 

効果が出やすい部位や出にくい部位はある?

VIOの中でも効果が感じやすいのはIOラインです。Vラインよりも早く産毛になる方が多い傾向にあります。

 

一方、VラインはIOラインよりも毛量が多いため効果が出にくいかもしれませんが、Vラインの方が早く効果が出る方もいるなど個人差があります。

 

脱毛ラボのVIO脱毛プラン

VIOイメージ

 

脱毛ラボには、お手頃で通いやすい料金の脱毛プランが用意されています。

 

月額制脱毛プラン

月額制脱毛プランは、以下のようになっています。
※全身脱毛56ケ所には、VIOも含まれています。

 
  • 全身脱毛56ヶ所 1,990円(税抜)
  • 選べる部分脱毛28ヶ所 1,490円(税抜)
 

回数パック脱毛プラン

回数パック脱毛プランは、以下のようになっています。
回数パック脱毛プランの全身脱毛54ヶ所にもVIOが含まれています!

 

全身脱毛54ヶ所回数パック

  • 6回パック  159,980円(税抜)
  • 12回パック 269,980円(税抜)
 

選べる部分脱毛28ヶ所回数パック

  • 6回パック  128,160円(税抜)
  • 12回パック 208,160円(税抜)
 

1回単発脱毛プラン

1回単発脱毛プランは、自己処理が難しいパーツや気になる部位だけを手早く脱毛したい方におすすめ。

単発脱毛プランの場合は、パーツの大きさによって料金が異なります。

 
  • Sパーツ 2,000円(税抜)
  • Mパーツ 3,000円(税抜)
  • Lパーツ 4,000円(税抜)

※単発脱毛プランの場合、Vライン上の場合はSパーツ、V、I、Oについては、それぞれMパーツ料金が適用されます。

 

VIO脱毛で、もっと自信の持てる自分へ!

VIOイメージ

「人に見られるのは恥ずかしい」という悩みが原因でVIO脱毛に踏み切れない方も多くいらっしゃいます。 ですが、脱毛ラボでは研修時にスタッフ自らがVIO脱毛での”見られる”、”恥ずかしい”思いを経験しています。お客さまの気持ちがわかるスタッフだからこそ、緊張せず安心してお任せいただけるはずです。 もちろん、料金もリーズナブルで通いやすい設定となっているので、あなたにピッタリなプランがきっと見つかるはずです!

簡単1分で完了。無料カウンセリング予約
簡単1分で完了。無料カウンセリング予約